高齢者施設さまの食事を
クックパック®で始めませんか?

COOKPAQ クックパック® High Quality,Quick Operation

クックパック®は、調理工程を大幅に省略
した
カンタン運営で人材不足も解消!

クックパックは高齢者施設さま専用の完全調理済み食材です。

美味しさと安全性の高さで、高齢者さまに最適なお食事を提供できます。

従来の調理工程を大幅に短縮する省力化運営で、人で不足も解消します。

01人材不足の対応

クックパック®は、おもに高齢者施設さま向けに開発された
温めてご提供するだけの完全調理済み食材です。

① 従来の作業工程の大幅カットを実現

クックパックⓇを導入いただいた場合、献立作成や調理作業などがほぼ不要となり、これまでの作業時間が大幅に削減されます。

② 誰でもできるカンタン作業

クックパックⓇに必要なのは、温め、盛り付けなどの作業だけで、調理経験のない方でも簡単にお食事を提供できます。

湯煎、スチコン、再加熱調理機などを用いた、あらゆる加熱方法がご活用できます。

クックパックをご活用いただいた場合の作業工程例

従来の作業工程

全ての作業が必要です

  • 献立作成
  • 食材発注
  • 入荷検品
  • 下処理
  • 下拵え
  • 盛り付け
  • 加熱調理
  • 配膳
  • 後片付け

クックパックご活用の作業工程

の活用で、最初の5つの作業が
ほとんど不要*2 になります!

調理パートだけで対応可!

  • 作業時間は、40~50床の施設において、専用の再加熱機器を使用した場合の平均的な時間です(当社実績)。
  • 献立の調整、簡単な検品は残ります。
  • クックパックⓇを現場でさらに調理・加工することは想定していません(キザミ等もすべて工場で実施済み)。

③ クックパック®の発注は、パソコンからの人数入力だけ!

クックパック®の発注は必要な人数(食数)をパソコンで入力するだけで完了します。

過不足なく人数分だけ配送するので在庫管理や検品の手間が不要! 余計な在庫や食材ロスも発生しません。

現状の課題

食材ごとに、様々な方法で発注管理が必要で煩雑。

クックパック®

調理済み食材だから、パソコンだけで発注できます。

必要な人数分を入力するだけで完了します。

③ 献立作成不要

  • クックパック専任の管理栄養士が、食事摂取基準(厚生労働省)に基づいた、バランスの良い献立を作成しています。管理栄養士などのご関係者は、これまで以上に施設利用者様と向き合う時間が増え、栄養士業務に専念できます。
  • ご利用者のお世話の時間に余裕が生まれます。

  • 食材の発注

  • 献立作成

  • 利用者のカルテ確認

  • 経費の確認

クックパック®は、管理栄養士様の日々の作業負荷を軽減し、ご利用者のコミュニケーションやお世話の時間に余裕が生まれます。

02クックパックだけの特徴

① フレキシブルな食事対応

  • 朝だけ人がいない…。副菜はいらないけど、主菜だけほしい…。そんなお客様の声にお応えします。

    例えば、朝食だけにクックパックを導入することもでき、それにより朝の作業時間を短縮できます(専用の再加熱調理機を用いるとさらに効果的です)

    また、主菜だけ、副菜だけの発注もできます。

    朝だけなどの
    導入可能!

    主菜・副菜
    注文自由!

    人数分のみ
    発注可能!

朝食(副菜 2品)

昼食(主菜1品 副菜2品)

夕食(主菜1品 副菜2品)

② 衛生的な製造方法

50年以上の給食会社のノウハウを活かし、自社の安全衛生マニュアルに則った安全な製法で製造しています。

一般的な調理済み食材は、加熱後の製品を袋に入れるまでに、手や外気に触れる可能性があります。

一方、クックパックは、食材を袋に入れた後で加圧・加熱調理を行って菌を死滅させるので、

中の食材が人の手や外気に触れないまま、施設様にお届けできます。

  • 一般的な製造方法

    01調理

    02袋詰め

    作業時に外部から雑菌が入る可能性があります。

    03出荷

    雑菌が付いたまま

  • クックパック®

    01袋詰め

    02加圧調理

    加圧調理により菌が死滅します。

    03袋から出さずにお届け

    調理後、外部からの雑菌はつきません。

③ 手作りのクックパック

  • クックパックは、現場経験豊富なベテラン調理師が、自社工場である三島R&Dセンターで丹精込めて手作りしています。

    一方で、例えばミキサー食の調理には、正確に計量できる設備や食材を細かくしながら同時に熱をくわえられる設備などを利用することで、栄養価が高くダマのないミキサー食を作るなど、厨房設備を使用するメリットも活かしています。

    こうして、手づくりの良さと設備利用の良さ、その双方を自社工場内で活かすことで、手作りならではの温かみがあり、かつ、手づくりではできない高品質の食事を提供することができています。

  • 食材を充填している様子

④ 一般的なお食事より30%少ない調味料

クックパックは真空調理方法を採用しているため、調味料は一般的な料理の70%しか使用していません。

真空調理方法は、調味料がしっかり食材に染み込むので、少ない調味料でも味付けがしっかりとします。

大根150gに対して、出汁30ccで染み込み具合結果を比較

従来の煮炊き

真空調理

⑤ クックパック食材を利用した受託運営

  • 給食会社ならではの、完全調理済み食材を使用した受託運営を承ります。給食会社として積み上げた50年以上のノウハウとクックパックの活用による相乗効果を発揮し、おいしく衛生的なお食事を提供しています。
  • 受託施設でのイベント開催時の様子

⑥ 豊富なメニュー

2000種類以上の豊富なメニューがあり、その中には、手作りでは手間のかかる揚げ物、麺類、丼ものまで取り揃えています。

また、食事摂取基準更新時には、すべてのメニューを新基準に合わせて見直しています。

さらに、お客様の声を反映し、常にメニュー改善・新メニュー開発をしています。

⑦ 残渣が少ない

生野菜の下処理をすると大量の残渣が発生しますが、クックパックは完全調理済み食材なので、ごみは基本的に包装袋だけです。

クックパックを導入されている施設の多くから、「残渣が大幅に減ってうれしい」という声をいただいています。

おいしいから食べ残しが少ない+調理不要だから捨てるところが少ない

残渣・ゴミの
発生を抑制!

03多様な食事スタイルをご提案

① 介護食

お客様の嚥下能力に合わせ、常食、粗キザミ、極小、ミキサーの食形態をご用意しています。

常食と同じメニューなので、すべての施設利用者様共通の献立でお召し上がりいただけます。

ミキサー食は、特殊なゲル化剤を使用しており、型に入れるだけでソフト剤、とろみ剤なしでムース食としてのご提供できます。

摂食・嚥下の難易度

健康な方向け

普通食

「やや咀しゃく困難な方」向け

粗キザミ食

「咀しゃく困難な方」向け

極小食

「咀しゃく困難でも飲み込むことができる方」向け

ミキサー食

加熱後そのまま盛り付け

ムース食

加熱後成形して盛り付け

ミキサー食は、嚥下食ピラミッドのコード分類[2-1][2-2]に該当します。

(嚥下調整食学会・新基準2013)

② 禁止食

肉、魚、卵等、禁止食を無料で差し替え、お届けできます。従来は別々に食材を発注しなければなりませんでしたが、その必要がなくなります。

魚料理から肉料理に主菜を差し替え

  • 欧米で主流のモジュラーフィーディング方式を採用しており、ごはんの量、味噌汁の有無等ご調整いただくと、糖尿病や高血圧の方はもちろん、透析の方まで、常食の方と同じ食事を摂っていただけます。特殊な食事対応のお客様も、クックパック専任管理栄養士がご相談に乗り、対応します。現在、140食種以上の食種(成分別栄養管理)がございます。

04オプション

献立ソフト「カロリーfam」

  • クックパックを導入することで、無料で献立ソフト「カロリーfam」が使用できます。そのため、他の献立ソフトに献立データを入力する必要がないほか、クラウドサービスなので、お使いのパソコンが故障してもデータは消えず、別のタブレットやスマートフォンでご活用いただけます。

再加熱調理機「リヒートクッカー」

チルド、タイマー、再加熱の3つの機能を兼ね備えた「リヒートクッカー」を用いれば、今話題のニュークックチル対応もできます。

1台で60食分の再加熱が可能で、翌日朝食分を前日のうちに盛り付けてしまえば、翌朝はゆっくりと出勤ができます。

「リヒートクッカー」利用時の作業の流れ

01前日、盛り付けしてリヒートクッカーにセット

02翌朝までチルド保存

03予約した時刻に自動再加熱

04トレイメイクして配膳

05導入実績

介護付有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、
サービス付き高齢者向け住宅、グループホームなど、
多様な高齢者向けの施設で導入いただいています。

06ご利用開始までの流れ

  • 01

    お問い合わせ

    クックパック専用のお問い合わせフォームまたはフリーダイヤルから、お気軽にご相談ください。

  • 02

    試食会の実施

    当社スタッフが伺い厨房をお借りして試食会を実施させていただきます。こちらからサンプル品をお送りして試食いただくこともできます。

  • 03

    お見積もりのご提示

    施設様の実情やニーズに合わせたご提供方法をご提案し、お見積もりを作成いたします。

  • 04

    ご契約

    導入の内示をいただき次第、速やかに必要な準備ご注文システムの設定、必要機材がある場合の代理手配、従業員様へのクックパック使用方法のご説明、などを進めます。

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ

(クックパック専用ダイヤル)

0120-41-9989

受付時間:平日 9:00~17:00(土日祝を除く)

Webでお問い合わせ・資料請求

(クックパック専用)

お問い合わせフォーム

よくあるご質問

お客様からよく寄せられるご質問についての回答をまとめております。お問い合わせいただく前に、ご確認ください。

よくあるご質問(クックパック)

サービスのご案内へ

お問い合わせ