COMPANY安全衛生管理

安全衛生管理

「一つひとつの食事に安全保証書を添えて」

独自の厳しい食品衛生管理

「食事に安全保証書を添えて」をモットーに、独自の安全衛生管理システムにより食品衛生管理、労働安全管理を標準化し、事業所運営を実施。

食材の検収から調理、サービスに至る各工程での管理を徹底し、「安全でおいしく」そして「安心できる」フードサービスのご提供を行っています。

また、ISO9001・ISO14001のシステムを用い、お客様に満足して頂ける質の高い食環境作りをしています。

独自の労働安全衛生管理

当社では、お客様に質の高い食環境を提供するためにまず従業員の安全確保が重要と考え、“労働災害事故”、“交通事故”から従業員を守る対策に力を入れています。

予防対策として「ハザードマップ」「ヒヤリハット報告用紙」を用い、不安全作業の改善を実施。

発生した“労働災害事故”、“交通事故”については、「災害発生報告書」「再発防止対策書」にて原因究明及び再発防止対策を徹底しています。

類似災害防止のため、水平展開を実施し“労働災害事故”、“交通事故”撲滅のため取組んでいます。

あたりまえの「いってきます」とあたりまえの「ただいま」

社長直轄の安全衛生管理室

安全衛生管理のスペシャリストが、
食品衛生管理:“食中毒事故防止”のため自主衛生点検表を用いて事業所巡回指導、簡易細菌検査(培養検査)、清浄度検査(ATPふき取り検察・食器の残留物検査)を実施し、潜在するリスクを未然に防止しています。

労働安全衛生管理:労働災害事故を撲滅するため、安全事業所診断書を用いて事業所巡回指導を行い、不安全作業・不安全行動について改善指導を行っています。

  • 簡易細菌検査

  • 清浄度検査(ATP)

  • 食器の残留物検査

  • ノロウイルス対策「3T活動」の徹底

    • 正しい手洗いの徹底
    • 正しい使い捨て手袋の取扱い
    • 体調管理の徹底
    • ノロウイルス感染の疑いがある従事者は出勤停止
    • ノロウイルス検便を実施し、陰性が確認できるまで自宅待機

信賞必罰制度による管理

信賞=年1回

改善活動により、安全衛生の改善に取り組んだ事業所に対して表彰並びに報奨する。

必罰=随時

自主衛生点検評価において基準を下回った事業所に「イエローカード」並びに「レッドカード」を発行し、改善を促す。改善されない場合はペナルティーを課す。

安全・安心の取り組み へ